2007年05月01日

砂漠の遺跡を巡る・・・中国シルクロードの旅(6)

6日目 敦煌(ヤルダン、漢長城、玉門関、陽関、敦煌故城)

今朝はホテルの前の店で蘭州牛肉麺の早い朝食をとり、敦煌ツアーに出かけた。1日で砂漠の中を往復300kmほど大移動するツアーだ。マイクロバスと聞いていたが、参加者が少ないため乗用車になり、我々以外は中国で働いているという日本人ひとりで、気楽な貸しきり状態になった。

街を出ても左側には鳴沙山から続く砂丘が延々と続いている。20kmくらいはあろうか。やがてダムがみえると右折し、砂漠のど真ん中を進んでいく。まったくなんにもない荒野を真っ直ぐ、おそらく60kmほどすすむと、地平線にぽつんとゲートが見えてきた。そこは玉門関の料金所だった!街から数十キロ離れた、砂漠のど真ん中にゲートがあって係員が料金を徴収している。ご苦労なことだ。

070531ヤルダン 玉門関のゲートからさらに60kmほど行くと世界地質公園(ヤルダン)にたどり着く。ここも砂漠のど真ん中にりっぱなコンクリートの博物館が建っている。そこからカートに乗り換えて、砂漠の砂と風が作り出した奇妙な侵食地形を見てまわるのだ。
それにしても砂漠の日差しは強い。

070531漢長城 来た道を戻り、途中にある漢長城に寄る。明代の長城の西の端は嘉峪関だが、漢代まで遡れば長城はここまで延びていて、ここが西域との中華帝国の境目だった。
崩れかけた土壁が途切れ途切れに砂漠に延びている。今、ここに残っていることがすごいと思う。

070531玉門関 中国の歴史に幾度となく登場する玉門関。現在の敦煌の街はおよそ100kmほど離れているが、当時はこのすぐ東側が敦煌であり、その城壁の門が玉門関だった。西に旅するものが往来した門も、今は砂漠の真ん中にぽつんとレンガの塊が残っているだけである。

玉門関からさらに来た道を戻る。午後になり気温が上がり、日差しも強く、あまりの暑さのため車の窓ガラスに紙を張って日差しをさえぎる。遥か遠くにかすんだ山々が見えるだけで、360度さえぎるものはなく、乾いた荒野が続いている。地平線には蜃気楼の海がほぼ途切れることなく、ぐるりとつながって揺らいでいる。まるで大きな島にいるかのようだ。

途中、オアシスの小さな街によって昼食をとった。川魚のから揚げが名物ということだ。癖がなく美味しい。あたりには葡萄の畑が広がっている。

070531陽関 敦煌のもう一つの関、陽関に行った。峰火台のみ当時のまま残っていて、博物館が併設され長城やシルクロードについて学ぶことができる。
「西のかた陽関を出ずれば故人無からん」と王維は詠んだが、まさに陽関から眺める西に広がるタクラマカン砂漠の景色は別世界である。

さらに映画「敦煌」の撮影のため建設された敦煌故城によって街に戻った。西千仏洞も行ってみたかったが、とりあえず今日は盛りだくさんで満足だ。

参考
ツアー 150元
入場料
世界地質公園 40+20元
玉門関 45元
陽関 40元
敦煌故城 30元






このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2007年05月02日

敦煌から鉄路ウルムチへ・・・中国シルクロードの旅(7)

7日目 敦煌(莫高窟)〜ウルムチ

敦煌と言えば「莫高窟」。366年に掘削が始まったと言われる492の石窟があり、その壁を飾る壁画や2千体を超えるの仏像、塑像で世界的に有名である。特に日本人にとっては石窟に莫大な文書を隠すシーンが印象的な井上靖の小説「敦煌」でよく知られている。

敦煌飯店の横からミニバスに乗り鳴沙山を回りこむようにして莫高窟にやってきた。GWでえらく混んでいて、駐車場はいっぱい、切符売り場は行列ができていた。

070502莫高窟 GW期間中は公開されている40あまりの石窟のうち14ほどが開かれていて、石窟の入り口に係員がいて入場整理(制限)をしている。整然と並ぶ多くの石窟、その中にならぶ様々な仏像、まるで仏の住むアパートのようだ。残りの石窟を見るためにまた来なくては。

070502敦煌市場 夕方には市内に戻ってきた。バスは街の入り口の敦煌賓館が終点だったため、市場を突っ切って繁華街にでる。市場は日用雑貨から食料品、屋台までいろいろなものを売っている。石窟見学用のマグライトを売っているところが敦煌らしい。6時という半端な時間だったが賑わっていた。

070502敦煌駅 8時45分発ウルムチ行きの列車に乗るために敦煌駅にやってきた。敦煌駅は空港の向かいにある新しい駅で柳園駅とは異なる。載っていないガイドブックも多い。まだ工事中で線路とホームはあるが、駅舎や屋根がない。

硬臥という2等寝台車に乗った。3段のベットで天井がかなり狭いが、「硬」というほど硬くなく快適だった。出発してほどなく、列車の窓から砂漠の中の塩湖の向こうに沈む赤い夕日を見ることができた。
10時半に車内の照明が消えた。

参考
莫高窟行きバス 敦煌飯店の横から所要時間約45分 5元
敦煌駅行きバス 敦煌賓館の横から所要時間約20分 3元
鉄道 敦煌駅〜ウルムチ 硬臥 248元
莫高窟入場料 160元




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2007年05月03日

異郷・ウルムチ・・・中国シルクロードの旅(8)

8日目 ウルムチ(新疆ウイグル自治区博物館、新疆地質鉱産博物館)

今日も砂漠の彼方から朝日が昇った。夜中に多くの列車とすれ違っていたようだが、ぐっすり眠ることができた。

私の向かいのベッドには中年のご夫妻が乗っていた。漢字の筆談で盛り上がり、旦那さんが田中首相から続く日本の総理大臣や、紫式部を始めとする小説家の名前を漢字で書いてみせた。
驚いて聞いてみたところ、ウルムチの学校の先生ということだった。
となりで見ていたウイグル族のおじさんは日本人が漢字を理解できることに驚いていた。
子供たちは私のしゃべる電子辞書に驚いていた。

我々のベッドには人が集まってきてかなり賑やかだった。

8時にトルファンに到着。ホームで朝食にナンとソーセージを買う。品数が少なく、あまり選択の余地がなかった。

このあたりの景色は変化に富んでいる。水流で侵食された岩山があったかと思うと、その向こうに雪を戴いた山脈が見えてくる。そして左側には「中国の死海」と呼ばれる標高ゼロメートル以下にある新疆塩湖があったり、発電用の白い風車が林立するアジア最大の風力発電基地があったりする。

10時15分 ウルムチ着。ウルムチは新疆ウイグル自治区の首府で、世界でもっとも海に遠い都市と言われている。駅には大きなホームが3本あり、なんと改札の上の壁にはスキー場の巨大な広告が描かれている。

先生ご夫婦のお薦めで今日は「新疆ウイグル自治区博物館」と「新疆地質鉱産博物館」に行くことにする。ご夫婦が博物館まで同行してくれるというのでついて行く。

ウルムチ駅前は多くの人と車が行きかい活気にあふれている。高層ビルあり、高速道路あり、私の第一印象は20年前の新宿駅前だ。大都市である。
人々の顔つきは非常にバラエティに富んでいて、濃いめのトルコ系のウイグル族と思われる人が多く、また色白で髪の色も薄いロシア系かと思われる人もいる。
看板には中国語にウイグル語が併記されているものが多い。

ホテルにチェックインしたあと、博物館の前で先生ご夫婦と握手をしてお別れする。電話番号を渡され、困ったことがあったらかけなさい、とありがたいことを言ってくれるが、電話で筆談はできないので難しいだろう。

新疆ウイグル自治区博物館には自治区内で暮らす民族(やはりロシア系がいた)の衣食住や文化についての説明、シルクロードの歴史、そしてタクラマカン砂漠の古墳から発掘されたミイラが展示されている。

昼飯にトマトや香草が入った餃子鍋(うまい!)を食べたあと新疆地質鉱産博物館に行く。
新疆は石油、天然ガス、レアメタルなどの鉱産資源が豊富だ。博物館にはこれら資源の説明や見事な玉の数々、宝石の原石などが展示されている。一抱えもある緑柱石が、ドン、と置いてあったりして、ある程度岩石についての知識があれば楽しめるが、そうでなければ、ただ石がいっぱいあるだけの場所と思うかもしれない。

新疆は中国で一番泥棒が多いところと言っている人がいたが、人民公園あたりの繁華街を歩いているかぎり、上海などより気楽な雰囲気だ。(当然用心はする)

ホテルに戻り、一週間はき続けたズボンを洗った。外の日差しは強烈だが窓を開けると乾いた涼しい風が入ってくる。ズボンはあっという間に乾いてしまった。

ズボンはきれいになったが、自分の顔は砂漠の日差しと乾燥した風でぼろぼろ、髪もやけてバサバサ、お世辞にもきれいとは言えない。

参考
入場料
新疆ウイグル自治区博物館 30元
新疆地質鉱産博物館 15元
市内の移動にはバスが便利 1元〜




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2007年05月04日

中国のスイス??天池・・・中国シルクロードの旅(9)

9日目 ウルムチ〜天池〜ウルムチ

7時に起きてホテルの近くのワンタン屋で「羊肉ワンタン」の大を食べる。若干、羊のにおいがして脂っこいがなかなかいける。敦煌では7時には多くの飲食店が店を開けていたが、ここはまだ静かだ。

人民公園の横のツアーバス乗り場に向かう。天池や南山牧場、トルファンへの1日ツアーが出ている。トルファンに惹かれたが、ベゼクリク千仏洞が組み込まれていなかったので、無難に天池を選んだ。

バスが満員になり9時40分に人民広場を出発した。ガイドがいろいろ説明しているが中国語なのでほとんど分からない。英語は話せないそうだ。
バスは街を抜けてゆく。街の様子は「都市」から「掘っ立て小屋」というようなさびれた感じにかわってゆく。やがて高速道路にのり砂漠の中を北東へ一路天池に向かう。駱駝が草を食んでいる。

高速道路を下りると渓流沿いの山道となり、ところどころにカザフ族の居住用(実は観光用)の布のテントが立っている。
12時半に天池の駐車場に到着した。天池へはここからさらにリフトに乗る。歩いても行かれるが、有無を言わさずガイドにリフト件を買わされた。

070504天池 天池はボゴダ峰の中腹1980mにある氷河湖で「中国のスイス」と呼ばれている。山と湖はとても美しい。しかし、私はスイスに行ったことはないが、どうも違うような気がする...
天池のそばには大音響でカザフの曲を流す売店や食堂がある。雪を戴いた美しい峰々の前で、派手な民族衣装を着て記念写真を撮る事ができる。湖岸には遊歩道があり、滝やお宮?などに行ける。滝には水がなかったけれど...

湖畔を散策して5時前にバスに戻る。そこにはなんだかよく分からないが、西洋人が数人乗っていて大声でガイドに怒鳴っている。前のバスに乗り遅れてこのバスに乗るよう言われたので早く出せ、じゃなきゃ金返せ、と言っているようだ。しかし、ガイドは英語が分からないし、ツアー客はまだ半分以上戻ってきていない。無理な相談だ。それにしても何でこいつらはこんなに偉そうなのだ。

途中ホータン玉の店により、そして出発した人民公園に戻った。

夜、ホテルのそばの五・一路夜市に行ってみた。通りが人で埋め尽くされていた。両側に雑貨を売る屋台が隙間なく並び、安っぽい服やアクセサリー、偽物のブランド品、そしてなぜか髭剃りを沢山売っている。
その通りと交差するように食べ物屋台の並ぶ通りがある。屋台に羊の姿焼きが首にリボンを結んで座っている。焼き物の屋台では客が屋台にならぶ様々な食材から好きなものを選んで焼いてもらう。30cm以上ある魚、大きなシャコ、見たことのない野菜、肉、ザリガニ、セミの幼虫、親指ほどの大きさの蛾の蛹(ピクピク動いている...)。なんだか分からないが圧倒された。
この賑やかさと迫力は台湾の士林の夜市など目じゃない。

参考
天池1日ツアー 40元
天池リフト 往復35元




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2007年05月05日

ウルムチ市内散策・・・中国シルクロードの旅(10)

10日目 ウルムチ(紅山公園、バザール)

今日も晴れだ。朝食は昨日と同じワンタン屋でピータンワンタンを食べる。さて、旅が予定通り進まない場合のことを考えて、今日はなんの予定も入れていない。ゆっくり市内散策をしよう。

まずはバスでウルムチ市のシンボル紅山公園へ。が、バスを乗り過ごして一つ先のバス停まで行ってしまった。そこからとぼとぼ公園へ歩いていく途中にプールがあり、朝から泳いでいる人がいた。オアシスでプール、、、

070505紅山公園 紅山公園は市の中心部の丘にある。階段を昇った丘の頂上には遠望楼という楼閣が建っており、そこからウルムチ市内をくまなく見渡せる。高層ビルと緑の木々が目に付く。しかし公園に茂る木々や街路樹のすべての木の根元にはパイプが張り巡らされ、そのパイプから水を与えている。そう、ウルムチ市内の青々とした木はすべて過酷な自然環境の中で人工的に生かされているのだ。人々の緑化への執念を感じた。

楼の中にはウルムチ市のジオラマや、市内の名所の写真、紅山公園が木が一本もない岩山だった頃の写真が沢山展示されている。ウルムチに来たらまずここを訪ねるのがいいかもしれない。
公園の中には北京オリンピックのマスコットの張りぼてが所狭しと置かれていた。ライトアップもそうだがこの中国人のセンスはいただけない...

光明路にある巨大な本屋行って新疆や青海省の旅行ガイドを数冊買った。この本屋は地上四階建てでおそらく敷地総面積は渋谷のブックファーストより大きそうだ。プログラミング言語の棚だけでも10m以上の長さがある。中国最奥の都市ウルムチでもそれほどの需要があるということか。ちょっと恐ろしい。

070505バザール お土産を買うために団結路バス停そばの国際大バザールへ行った。このあたりは漢民族よりウイグル人の方が多そうだ。ウイグル語の音楽が大音響で流れ、多くの人でごった返している。屋台や食堂もウイグル料理ばっかりだ。焼きうどんのようなラグ麺はうまいが、羊の肉ののった炒飯は脂濃くて臭くてまずい。
肝心の土産だがここは店は多いものの、絨毯にしても工芸品にしても明らかにちゃちで安っぽいものばかりなので、何も買わなかった。

ホテルに戻りシャワーを浴びこざっぱりして、なぜか北京ダックを食べに行った。ホテルの横に北京で有名な店の支店があったからなのだが、残念ながら本店に行ったことがないので味が同じかどうかわからない。



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。