2012年03月04日

青空の下、富士を滑る〜富士山・宝永山

3/3 御殿場口新五合目〜二合八勺〜2400m付近〜御殿場口新五合目

週末は復興支援山行として東北の山を計画していたが、天気予報は雪時々晴れ、などと怪しい天気。遠出して登れないとショックが大きいので、近場でお茶を濁すことにした。


120303富士山・太郎坊トンネル登山口 目指すは富士・宝永山、そしてそこからの滑降。宝永山は富士山の山腹に穴を開けている寄生火山だが、およそ標高2700mと南アなみの立派な山だ。
登山口は御殿場口新五合目、冬は駐車場まで除雪されていないので、富士スカイラインの太郎坊トンネルの横から登る。

120303富士山・カモシカの足跡 すぐさまカモシカの足跡と出会う。他にも謎の足跡があった。意外と野生動物が多いようだ。

120303富士山・大石茶屋 御殿場口の大石茶屋。もちろん閉まっている。雨が降っているのでひさしを借りて一休み。
東京では3日ほど前に雪が降り、昨日も雨だったので、新雪たっぷりだと思ってきたが、積雪は10〜20cmほど、おまけに昨日は雨だったようで、新雪はない。

120303富士山・雲の中を登る

新雪がないどころか、濃いガス+雨。風がないのがせめてもの救い。でも歩いているとめちゃくちゃ暑い。しまった、先週の丹沢も暑さに苦しんだのを忘れていた...。

ほぼ夏道にそって、まずは2万5千図上の二合八勺をめざす。


120303富士山・二合八勺

何にも見えない、地面と空の境目もわからない真っ白な空間を黙々と歩く。つまらん。歩き始めて2時間ほどして空中にボーっと何か浮いているのが見えた。思わず振り向いて、後を歩いている仲間に、私の幻覚でないか確かめる。近づいてみればそれが二合八勺の小屋だった。


120303富士山・二合八勺の小屋 二合八勺の小屋は入れない。
雪がサラサラと打ちつけ、視界はほぼゼロ。天気の回復を待ってゆっくりと休憩する。



雲の切れ間から青空が見え、視界が晴れてきた。重い腰を上げて登りはじめる。コンパスは宝永山の尾根の付け根に切り、真っ直ぐに登ってゆく。雪面はカチカチにクラストにうっすらと新雪が積もっている部分と、かなり深い吹き溜まりが交互に現れる。なんとかシールだけで登れる斜度だが、私はスキーアイゼンを装着してサクサク登る。


120303富士山・宝永山に向けて

右手に富士山頂、左手に宝永山山頂を見ながら、広大でフラットな一枚バーンをただただ、ひたすら真っ直ぐ登る。転んで滑落しても行く手を阻むものはない...。だんだん日差しが熱いと感じるほど強くなってきて、場所によってはクラストした氷がバリバリと割れ始めている。


120303富士山・2400m付近

だんだん風が強くなり、同時に雪面が固くなってきた。ストックが刺さりにくいところもある。転んだらちょっとこわい。さらに、固い雪面に足を着くと「ブワーン」というような唸りが雪面の左右に広がる。うすうす感じていたが、クラストの下はしもざらめ雪でスカスカになっているに違いない。この傾斜ではピットを掘って確かめることもできない。上はカチカチの雪面、下はそれが弱層の上で太陽の熱で割れ始めている。上まで行って無事に戻れるか?悩む。でも悩むということは自分の技量が足りないということ。戻ることにした。

なんとかバケツを掘れる吹き溜まりを見つけ、シールをはずし滑降の準備をする。




本日の最高到達2400m付近の景色。青く深い空、チンボラソを思い出させる真っ白い広大な斜面 。風は強く雪煙が舞う。ここは厚い雲で下界と隔てられた別世界。




滑降開始!目の前に広がる斜面に飛び込む...と言いたいところだが、ガリガリの雪面が続くと思えば、不意にズボッとスキーが刺さるもろい雪面が出てきて滑りにくい。ここで転んだら二合八勺まであっという間に下山だ。慎重に斜滑降で下りる。


120303富士山・滑降開始

ひろ〜い、ひろ〜い。日本じゃないみたい。


120303富士山・また雲に突入 天界終了。
ぶあつい雲に突っ込む。雲の中はますます視界が悪く、地面も空間も完全に白く溶けあって、自分のスキー板以外は足元の雪のデコボコさえ見えない。上下の区別もなく空間に浮いているような錯覚に陥る。ほとんど目隠し状態で、よろよろと歩くほどの速さで下るが、平衡感覚が狂い船酔い状態。

120303富士山・御殿場温泉会館 完全にスキー酔いで、吐き気と頭痛を伴って登山終了。温泉でゆっくり療養。御殿場市街からちょっと箱根に行ったところに御殿場温泉会館がある。滑らかなアルカリ性単純泉。加水なし。なぜかシャワーも温泉。湯船は半分ガラス張りのサンルーフのようになっていて気持ちいい。






このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2012年04月05日

日光白根、侮り難し

3/25 丸沼高原スキー場〜白根山、座禅山鞍部〜丸沼高原スキー場

120325日光白根山・丸沼高原スキー場 週末、山スキーに行きたい。天気予報は土曜日は全国的に荒れ模様、日曜日は太平洋側晴れ、日本海側雪。雪があって、なんとか晴れ間がありそうな微妙な山を探し、日光白根山に登ることにした。
登山口の丸沼高原スキー場はやはり微妙な天気。

120325日光白根山・丸沼高原スキー場ゲレンデトップから登頂開始

ゴンドラ一本でゲレンデトップ。天気はガス&小雪。景色は見えない。来てしまったものはしかたないので、シールを付けて二荒山神社の鳥居をくぐって登り始める。鳥居がだいぶ埋もれている。今年は雪が多いような。


120325日光白根山・ずっと樹林帯の中をいく

ゲレンデトップからしばらく、樹林の中の蛇行するスノーシューのトレースをたどる。そして、10分ちょい行ったところでトレースを外れ、左の沢に下りる。ここからまた沢沿いにず〜っと樹林の中を進む。雪は舞っているものの、風はなく穏やかで、新雪のまっさらな雪面にスキーでトレースをつけていくのが心地よい。


120325日光白根山・七色平の雪原

ひたすら沢沿いに進み、沢が右に大きく曲がって台地状の場所に出ると、ほどなく七色平だ。おそらくここは春から夏の花、秋の紅葉と七色に変わる湿原なのだろう。そして今は雪原の白、やっと現われた空の青。


120325日光白根山・七色平の避難小屋 七色平の片隅に避難小屋がある。雪がのっても潰れない、丈夫な木造の小屋。

120325日光白根山・白根山と座禅山のコルへ小屋からちょっと戻って、座禅山と白根山の鞍部から流れ出る沢に入る。距離ではこのルートが白根山に最も近い。

120325日光白根山・コルの沢上部

沢を詰めるに従ってどんどん傾斜が急になり、雪の下は滝か?と思わせる場所がでてくる。おまけにエッジをなんども蹴りこんでやっとかかるほどの硬い氷になる。さらに、その氷の上には新雪が積もり、氷の面が弱層になっている。その上悪いことに、風も雪もどんどん強くなり、冷たい風が唸りながら沢の下から吹き上げてくる。たまらん。左の樹林の尾根に逃げる。でも樹林の中の雪面もカチカチの氷で、滑り落ちないように慎重にエッジを蹴りこみ、徐々に高度を上げる。


120325白根山、座禅山コル

やっと座禅山と白根山の鞍部に出た。ここでスキーをデポして山頂を往復しようと思っていた。しかし、まるで大同心のように真っ白になった岩壁と、びっしりと雪が詰ったルンゼが立ちはだかる。えらい雪多くないか?早々に断念する。白根山、侮り難し。

ここから右に回りこみ、東面から山頂を狙うこともできるのだが、この吹雪ではやる気が起きない。はい、本日はここまで、撤収。


120325日光白根山・座禅山火口 本当は来た沢を下りたいが、弱層を確認してしまったのでそれはできない。座禅山の山腹を下ることにする。まずは座禅山の火口へ。真ん中がくぼんでいて見事な火口の形をしている。しかし、その中が森になっているのが不思議。

座禅山の山腹は...びっしりと潅木が茂った藪だった。久しぶりに藪スキーを堪能する。私は生まれて初めての山スキーが、いきなり井戸壁のモロ藪だったのでこれぐらいでは驚かない。が、他のメンバーはそれどころではなく、枝にひっぱたかれたり、スキーで幹を挟んだり、ターンできず詰んだり、泣きそうなくらい苦労している。


120325日光白根山・二荒山神社鳥居に帰還

悪夢のような藪と格闘していたため、予定を2時間も超過してボロボロになってゲレンデトップに戻ってきた。そう言えば今日はついにシールをはずすことはなかった...これは初めての体験だ。


120325日光白根山・ゲレンデトップから白根山

すっかりガスが晴れ、ゲレンデから大きな白根山を望む。日光から見ると真っ白い斜面が印象的な姿だが、こちらから見ると岩と雪、と言った男性的な感じで印象が全く違う。

今日は写真に写っている左端あたりまで行ってきた。ガリガリに凍ったゲレンデをかっ飛ばして終了。予定よりだいぶ遅くなったので、渋滞を恐れ、温泉にも入らず帰京した。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2012年04月22日

無風快晴、憧れの山々を臨む〜会津駒、大戸沢岳(1)

4/21 駒ヶ岳登山口〜会津駒ヶ岳〜大戸沢岳〜嫁郷

120412会津駒ヶ岳・登山口 スキーをさせてくれ〜!との願いが通じたのか土曜日の天気予報が晴れに変わる。焼岳か会津駒か迷ったが、復興支援もかねて会津駒ヶ岳に向かう。
早朝の那須は小雨、山々はガスに覆われている。しかし、山を越え、桧枝岐に着いたときには雲ひとつないすばらしい天気になっていた。林道は除雪されていたので、スキーを背負って出発する。

120421会津駒ヶ岳・夏道に上がるために沢を行く

しばらく林道に沿って進む。そして林道の終点から夏道の尾根の北側の沢から登り始める。この沢はスキーでは夏道より登りやすいが、沢の底にはデブリがあり、両岸からは雪のブロックが落ちてきそうだ。息を切らしながら急いで登る。

120421会津駒ヶ岳・穏やかな尾根を登る

尾根に上がると、夏道に沿ってブナの森のなだらかな斜面をひたすら登る。スキーのためにあるかのような斜面。しかし、9時そこそこというのに気温が上がり、雪はぐしゃぐしゃで崩れやすく、濡れていてシールが効かない。あまりの暑さに耐え切れず、上着を脱いでヒートテック一枚で歩く...


120421会津駒ヶ岳・登山道から大戸沢岳

木々の合間にこれから行く大戸沢岳が見える。


120421会津駒ヶ岳・針葉樹林になる

1700mを越えるとブナの森が終わり針葉樹林となる。暑い。おまけに日差しが痛い。一休みして日焼け止めを塗り、餡パンをほお張ってまた歩き始める。


120421会津駒ヶ岳・登山道から燧が見えた

燧ケ岳も見えてきた。日曜日も晴れるならあっちに行ったんだけどな...


120421会津駒ヶ岳・1900を越えると景色が開ける

1900mを越え、目の前が開ける。無木立の雪原、その奥にこんもりとした会津駒ヶ岳の頂。それにしても暑い。普通は樹林帯を抜けると風が冷たいものだが、今日は完全な無風。相変らず下着で歩き続ける。


120421会津駒ヶ岳・駒ノ小屋 駒ノ小屋はまだ半分雪の中。一生懸命入り口を掘り出している人がいる。小屋の主人がGWの準備をしているのだろうか?

120421会津駒ヶ岳・会津駒ヶ岳山頂

会津駒ヶ岳山頂到着。山頂を示す道標は、その頭だけを雪からのぞかせていた。


120421会津駒ヶ岳・会津駒ヶ岳山頂のパノラマ
画像クリックで拡大

山頂からのパノラマ。快晴晴天遮るものなく無数の山々が見える。主な山は左から日光白根、横には皇海、燧ケ岳、至仏山から平ヶ岳、越後駒に至る稜線、未丈ヶ岳、中門岳、浅草岳、丸山岳、吾妻連峰...かすかに谷川連峰や飯豊と思しき山も見える。いつかは行きたい憧れの山々を臨む。


120421会津駒ヶ岳・会津駒ヶ岳山頂から中門岳

真っ白い、のっぺりした中門岳。幾筋の尾根にシュプールが見える。あそこまで行って滑っている人がいる。元気だな〜。


次回に続く)



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2012年04月25日

快適滑降!〜会津駒、大戸沢岳(2)

4/21 駒ヶ岳登山口〜会津駒ヶ岳〜大戸沢岳〜嫁郷

前回の続き)

120421会津駒ヶ岳・大戸沢岳へ向かう

さて、重い腰を上げ、主稜線をたどり大戸沢岳に向かう。雪原と言ってもいいほどの広く、緩やかな尾根。ぼけ〜っと景色を眺めながら滑る。ゆる〜い感じが心地いい。

この稜線を滑るのは初めて。しかし、この道のない尾根を真夏に歩いたことはある。地面に足がつかないほどの密藪と、その藪に守られて人の目にほとんどふれることのない湿原が、交互に現われる。はっきり言ってしんどい。もうたぶん二度と歩かない。あの頃は若かった...(遠い目)。でも今はそれがウソのように楽チンだ。


120421会津駒ヶ岳・同じ方向に傾いている

皆さん右にお辞儀していらっしゃる。今日は陽光にあふれ、風もまったくなく、Tシャツだけでもオッケーだが、ひとたび天気が荒れると猛烈な風が吹きすさぶに違いない。


120421会津駒ヶ岳・どこでも滑れそう

もう、どこを滑り下りても楽しそう。


120421会津駒ヶ岳・窓明山方面

稜線はさらに三石山、窓明山へと続く。あっちまで行ったら楽しいだろうな〜。夏歩いたときは地獄だったけど。


120421会津駒ヶ岳・シールをはずして滑降開始 さて、大戸沢岳ののぺ〜っとしたピークの北の端でシールをはがす。今日は暑いくらいなので、シールは水がたれるほどびちょびちょだった。念のため尾根の方向にコンパスを切ってドロップイン!

120421会津駒ヶ岳・どこまでも広い斜面

大戸沢岳直下は、木立のない適度な斜面の一枚バーン。まるでスキー場のゲレンデのよう。雪が深いときには雪崩の危険があり、視界がないときには尾根を外す危険があるちょっと難しい斜面だが、今日はなんの心配もない。湿って重い雪だが、蹴散らしながらすっ飛ばす。




いや〜、でも本当に重たい雪だ。


120421会津駒ヶ岳・目指す尾根も真っ白

広いバーンを思い切り堪能して、1800mくらいまで下りて来ると尾根がはっきりしてくる。この先、下るにつれて尾根も細くなるが、目指す尾根は真っ白でこんもりしていて、快適に滑れそうだ。


120421会津駒ヶ岳・下りは速い

細い尾根にのり後を振り返る。最高の斜面だった。あっという間だった。


120421会津駒ヶ岳・快適な尾根が続く

一枚バーンの大斜面は終わったが、まだまだ快適な滑りは続く。この尾根は尾根のトップは木がなく、まるで高速道路を行くかのごとく、減速することなく気持ちよく滑れる。


120421会津駒ヶ岳・標高が低くても雪庇もある

だいぶ下ってきたが、こんな雪庇もあった。


120421会津駒ヶ岳・大戸沢岳を振り返る

1400mで先行するパーティーに追いついてしまった。急ぐのももったいないので、ザックを降ろしそこに腰掛けてゆっくり休む。ついさっきまでいたピークがあんなに遠くに見える。


120421会津駒ヶ岳・窓明山と青い空

今日は徐々に天気が下り坂とのことだったが、ずっと快晴で目に沁みるほどの青空が広がる日だった。さて、最後の1Pを滑りますか。


120421会津駒ヶ岳・尾根の末端が近づくと木立が濃くなる

尾根の末端に近づくと、さすがに木々が密生して滑りにくくなってくる。でもまだまだ行ける。


120421会津駒ヶ岳・雪も融けて地面が見え始める

上から見ると完全に雪に覆われているように見えても、雪解けはすすんでいる。穴にはまらないように慎重に滑り続ける。


120421会津駒ヶ岳・それでもスキーで行く 最後の最後で雪が切れた。切れたら切れたで、地べたを歩いて雪をつなぐ。私はスキーヤーではなくヤマヤなので、スキーは滑るだけの道具ではなく、移動する道具なのだ(板がかわいそう...)。
ちなみに尾根の末端まで行くより、一本手前の尾根を下りたほうが楽。

120421会津駒ヶ岳・小豆温泉窓明の湯 久しぶりに100%満足のスキーができた。大戸沢岳はいい山だった。
満足な気分に浸りつつ、温泉に浸りに行く。いつもの小豆温泉・窓明けの湯

120421会津駒ヶ岳・信吉の天ざる 風呂に入ったり福島の地酒を選んだりしながら帰ったので、西那須野塩原ICに着くころ夕食にちょうどいい時間になった。10年以上前の記憶をたどり、十割手打ち蕎麦の店「信吉」に入る。記憶に残る天ざるを頼む。記憶とはちょっと違ったが、インパクト十分。山盛りの天ぷら。ウドやタラの芽などの山菜に椎茸など、10数種類の天ぷらが積み重なっている。

(会津駒、大戸沢岳 完)

今回のコース




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2012年05月02日

残雪の尾瀬から平ヶ岳へ〜平ヶ岳(1)

4/28 戸倉〜鳩待峠〜山ノ鼻〜猫又川二俣

GWは薬師岳のつもりだった。でも今年は豪雪のため除雪がぜんぜん進んでなく、かなりしんどそうなので急遽平ヶ岳に変更。利根源流域中央部にある平ヶ岳に、人の気配も稀な雪のある頃に行きたいとずっと思っていた。


120428平ヶ岳・鳩待峠 早朝に東京をでて渋滞にも巻き込まれず順調に戸倉まで来た。しかし、ちょっとゴタゴタして、タクシーで鳩待峠に着いたときには10時近くだった。至仏山に寄ろうかと思っていたが、直接サイト場に向かうことにする。
GW初日は穏やかに晴れわたり、絶好の残雪登山日和。次から次へとタクシーから人がはき出される。

120428平ヶ岳・電線に導かれ山ノ鼻へ 鳩待峠から山ノ鼻へ向かうルートの始めは急な下りだが、川上川沿いの平坦な道になる。踏み跡もばっちり、小屋まで電線も延びているし、迷うことはない。
それにしても暑い。上着を脱いでいつものようにヒートテック一枚だけで歩く。

120428平ヶ岳・山ノ鼻至仏山荘 山ノ鼻到着。鳩待峠は登山者で混雑していたが、みんなあちこちに散ったのか、ここはほどほどの人。小屋も売店も営業している。

120428平ヶ岳・背中アブリ田代から至仏山

山ノ鼻の裏から「背中アブリ田代」という変な名前の湿原の上を歩く。湿原といってももちろん今は雪原。その雪原の向こうには至仏山。至仏山はスキーヤーやボーダーで賑わっているようだ。


120428平ヶ岳・春の燧岳

至仏山の反対に目を向ければ、そこには燧ケ岳。山頂部は岩が黒々と露出している。急速に雪解けが進んでいるようだ。暑いもんな...。汗で日焼け止めが流れるので、休憩するたびに塗りなおす。


120428平ヶ岳・猫又川を遡る

なだらかな雪原を真っ二つに割って、猫又川はとうとうと流れている。サイト場までひたすら猫又川の上流に向けて進む。川の向こうには日崎山からススケ峰と遥か平ヶ岳につながる稜線が見えている。


120428平ヶ岳・立ち枯れの木と青空

あー、いい天気だ。空が眩しい。眩しすぎてデジカメの液晶がよく見えない。


120428平ヶ岳・猫又川二俣のサイト 猫又川の左俣、右俣を分ける二俣の平原に到着。ちょっと早いけどここでテントを張る。林の中の明るく気持がいい場所にだらしなくテントを張る...。

120428平ヶ岳・ペミカンカレー 夕食はご存知「ペミカンカレー」。うまい、早い、安い、おまけにカロリーたっぷりと、準備がすご〜く、すご〜〜く面倒なことを除けば、雪山の食事としては、言うことなし。

次回に続く)



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。