2008年03月16日

天国はつかの間〜蔵王・刈田岳(2)

2日目 宮城蔵王澄川スノーパーク〜東尾根〜刈田岳〜刈田峠〜パラダイスコース〜スノーパーク

今日は本当は縦走しているはずだったが、昨日下山してしまったのでまた刈田岳に登り、今後のために小屋の位置を確認してパラダイスコースをたどってゲレンデに戻ることとした。

080316東尾根 今日は晴れ。風もそこそこ弱くまずまずの天気なので登山者も多い。皆、東尾根をたどり刈田岳の頂上を目指す。

080316刈田岳山頂 刈田岳の頂上には神社がある。冬山なのに賑わっている。頂上からは北に続く稜線に神室、荒船の山々が、そして遠くには朝日連峰を望むことができた。

080316南蔵王 刈田岳の山頂でシールをはがし滑降開始。雪面はクラストしていてちょっと滑りにくい。正面には本当は今日歩いているはずだった南蔵王の山々が大きい。

080316刈田峠 エコーラインを越えて刈田峠を目指す。峠が見えているので楽勝だが、今後のためにコンパスで角度を測りながら進む。それにしても昨日はこんなに広い雪原を歩いていたのか...視界がなかったので分からなかった。

080316避難小屋 ピョコのすぐ下に半分雪に埋もれた小屋があった。きれいで快適そうだ。

080316パラダイスコース 小屋から北へトラバースして滑り直接パラダイスコースに合流する。それにしても樹林のトラバースは小沢も多くうっとうしい。パラダイスコースは広い台地の上のところどころ雪原を交えた楽勝コースだ。

080316澄川 天国は長くは続かない。あっと言う間に澄川の渡渉点にやってきた。かなり深い沢で主稜線側の斜面はいかにも雪崩れそうだ。おまけに雪が融けて沢の水流が見えているところがある。まあでも今日は雪がしっかりしまっているのでサッと越える。
沢から登り返しが結構しんどい。シールを付けずに登って後で後悔した。登りきってしまえばまた延々とトラバースしてスノーパークへの林道にたどりつく。






このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2008年04月13日

3000mの空気を吸いたくて〜御嶽山

御岳ロープウェイスキー場〜飯盛高原駅〜剣ヶ峰〜御岳ロープウェイスキー場

3000mの空気が吸いたくなって、積雪期の3千m峰ではもっとも取り付きやすい木曽御嶽山に行った。

080413御嶽山尾根 ボーダーで賑わう御岳ロープウェイスキー場のゴンドラを降りるとそこはすでに標高2150m。空は雲に覆われているが、風もなく視界も良好でまずまずの天気だ。ゲレンデトップから汗をかきながら尾根をまっすぐに登ってゆく。8合目の女人堂の手前で森林限界を越え、目の前には御嶽山の全容が見えてくる。

080413御嶽山谷 夏道は黒岩からダイレクトに覚明堂へ急登を登っていくが、スキーを履いた我々は南側のカール状の沢を稜線へ詰めてゆく。かなりの傾斜があるが、今日の雪は固くもなく軟らかくもなく適度にしまっていて、シールもよく効き快適だ。もしクラストしていたら夏道をアイゼンを履いて直登するほうがいいかもしれない。

080413御嶽山頂上直下 谷を詰めて最後に開けたボールを越えるとそこは主稜線だ。そこからは緩やかな尾根をすぐそこにある岩のでっぱりの頂上に向かって歩いてゆくだけだ。さっきまで上着を脱いで汗をかきながら登ってきたが、さすがにここまでくると風が冷たくジャケットを着る。

080413御嶽山神像 御嶽頂上山荘のわきにザックを置き、つぼ足で山頂に向かった。御嶽山は信仰の山であり、山頂には御嶽神社奥社がある。山頂で我々を迎えてくれたのは怪しい色の怪しく目が光る神像だった。ちょっと怖い...

080413御嶽山景色 時折雲が切れて、山頂からあたりの山々が見える。あれは継母岳だろうか。岩と雪のコントラストがかっこいい。
頂上山荘のわきで風を避けて、お茶を沸かして一服する。さて、シールをはがして滑降を始めるか。

080413御嶽山滑る 基本的に登ってきたルートを滑り降りるが、八合目までこの広いバーンのどこを滑ってもいい。こんな広いゲレンデは日本にはないだろう。これが山スキーの醍醐味だ。でも視界がなかったらちょっと難しいな。
春の重い雪に足をとられながらも3時間かけて登ってきたところを30分もかからずに下りた。

080413けやきの湯 下山後はもちろん温泉。ひなびた温泉宿で穴場だというけやきの湯に行く。ここに行くには、道端に立てかけてあるベニヤにペンキで描いたような、ひなびた?看板を探してゆかなければならないので分かりにくい。ただ、白川氷柱群の向かいにあるのでそれを目印にしてゆけばよいだろう。お湯は褐色の鉄分を含んだ単純泉で宿のすぐそばに湧いている。浴室は4人も入ればいっぱいになってしまうが、のんびりとした雰囲気で癒される。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2008年12月18日

スキー始動!

081218スキー 11月の室堂が中止になったので初滑りがまだだったが、やっと明後日、滑りに行くことになった。

眠りについていた板をたたき起こし、ベースワックスをスクレイピングした。そして石やら木の上を滑って、バリだらけになったエッジもきれいに研いだ。
スキー始動準備完了!



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2008年12月20日

初滑り!!〜神楽峰

神楽スキー場〜神楽峰往復

081220かぐらスキー場 待ちに待った初滑りにかぐらスキー場に向かった。ゲレンデから神楽峰を往復する予定だ。しかし、関越自動車道を北上しても一向に雪があらわれない。国境のトンネルを抜けてもそこは雪国ではなかった...かぐらスキー場の駐車場からの景色はこのとおり。とてもオフピステを滑るような雰囲気ではなく、不安になる。

081220ゲレンデトップ ゴンドラとリフトを乗り継いでかぐら高速第一リフトのトップへ。多くのコースでは地べたの茶色が見えていて、スノーマシーンフル稼働といった感じだった。ここまで来るとさすがに雪はあるが、木々が青々としている。確か以前、来たときには、ここは背丈を越える雪の壁だったような...不安を抱えたまま、スキーにシールを張って歩き始める。

081220のぼり 顔にピシピシ当たる藪の中を木々の間を縫うように、蛇行しながら30分ほど登ってゆくと、やっと十分滑れるくらいの雪が出てきた。それでもこの天気にしてはなかなか軽い雪で、さっきまでの不安は吹き飛んで、だんだん滑降が楽しみになってきた。

081220道標 夏道の道標が頭を出している。神楽峰の豪雪のイメージからするとかなり雪が少ないが、しかしこれだけあれば滑るのには十分。

081220太陽 今日は雲も風も全くなく、輝く雪面に太陽が容赦なく照り付けている。気温が10度近く、登っていると暑くて汗が吹き出してくる。空気も澄んでいて、谷川連峰から越後三山、そしてその向こうの燧岳から平ヶ岳まで雪をかぶった山々の連なりが、途切れることなく見える。最高の天気だ。

081220山頂 神楽峰手前のピョコに到着。ここから神楽峰はすぐ近くだが、雪が少なく、かなりボコボコしていて歩きにくそうなので、このピョコを本日のゴールとする。スキーを脱いでお茶にする。頂上からは苗場山がすぐそばに大きく見え、さらに鳥兜山や妙高、そのバックには視界を横切るように後立山連峰が見えている。北に視線を移すと、黒々とした日本海が広がっていた。

081220滑降 シールをはずして滑降開始。やっぱり快適な新雪だ。眼下に広がる山並みもすばらしい。初滑りで足が慣れていないせいか、ちょっと思い通りにスキーを操れないが最高の気分だ!が、ほんの十数分で快適なエリアは終了し、ゲレンデに戻ってきた。つかのまの初滑りだった...



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2009年01月10日

真っ白痛寒い...〜乗鞍岳(1)

1日目 乗鞍高原スキー場〜乗鞍スカイライン2550m 往復

090110ゲレンデトップ 予定は乗鞍高原スキー場から乗鞍岳を越えて、平湯温泉スキー場までの1泊2日のツアー。だが予想通り冬型の気圧配置で大荒れの天気。強風でリフトが止まる状況では、とても稜線に出れないだろうと、乗鞍岳までの日帰りに予定変更した。
ゲレンデトップから切り開きに沿って登る。こんな天気でも入山する奇特な登山者がちらほら。

090110切り開き終了 何も考えず切り開きを登ってゆく。樹林帯なので風も弱い。しかし、相変らず雪が舞い、乗鞍岳は厚い雲に覆われて見えない。この切り開きは2350mくらいで終わり、そこでボール状になっている。その上部で弱層がはがれているのが見えた。雪崩れそうだ。先行パーティーはこの下を横切って、右の尾根に取り付いた。手元のガイドブックでもそうなっているが、我々は雪崩が怖いので、左手の沢沿いの小尾根を登った。こちらのほうが安全だ。

090110スカイライン 森林限界線を超えると横殴りの吹雪に、濃いガスでホワイトアウト。気温も-10℃を下回り、手袋をしている指先が痛い。目帽も凍り付く。クラストした雪面はスケートリンクのようにツルツルカチカチでシールも効かない。それでもコンパスを切りながら無視界で前進し、じわじわと高度を上げる。が、ぜんぜん楽しくないので、狙い通り2550mでスカイラインに出たところで、今日は打ち切りとする。

090110滑り出し 滑降開始。悠長に写真など撮っていると、ガスで先行者を見失いそうだ。それでも、樹林帯では新雪がたっぷり積もり、スキーの浮遊感は最高、雪煙を上げながら爆走する。しかし、2時間半かけて登った斜面20分で滑り降りてしまった。つかの間の幸せ。

090110湯けむり館 ゲレンデに戻り、乗鞍高原の入り口にある「湯けむり館」で温泉につかった。やや緑かかった乳白色の硫黄泉。源泉かけ流しでいい湯だ。それに休憩室も、大きな暖炉があるロビーにソファーが並べてあって、ホテルのロビーのようなゴージャスかつ落ち着いた雰囲気だ。湯から上がり、「こけももソフト」なるものを食す。



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

タグ:登山
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。