2008年08月05日

静寂の峰〜南ア・蝙蝠岳(4)

4日目 雪投沢源頭〜蝙蝠岳〜徳右衛門岳〜二軒小屋〜椹島

080805北俣分岐 3時に起きるとテントは乳白色の濃いガスの中。それで明るくなるまで待ち5時半に出発した。塩見岳直下の北俣岳分岐を左に入る。すぐに両側が切れた岩稜にでる。尖った岩峰を巻いたり、両側が切れ落ちたリッジをひとまたぎしたり、短いが3級程度の岩尾根を登る。岩が濡れていてちょっといやらしい。ガスで視界があまりないので次に何が出てくるかスリリングだ。

080805北俣岳花 ほどなくなだらかな北俣岳の山頂に達し、そこから穏やかな森林限界線上の稜線歩きが始まる。誰もいない広い尾根を歩く。とても南アルプスとは思えない静けさだ。お花畑の花々も人に見られることなく咲いている。

080805蝙蝠岳 ガスも徐々に晴れてきて、眼前に大きな蝙蝠岳が見えてきた。蝙蝠岳はピークの両側にピョコがあり、それが羽を広げた蝙蝠のように見える。
道にはところどころはい松や潅木がかぶさっているが、ルートは問題なし。ただ、枝に虫がびっしりとまっていて、枝に触れるたびに粉が飛び散るように小さい虫がいっせいに飛び立って、目や鼻に入りそうでうっとうしい。

080805荒川岳 蝙蝠岳に登るにつれ青空がでてきた。正面に荒川岳も見える。蝙蝠岳は南ア主稜線から離れているために、訪れる人はほとんどいないが、離れているゆえに、南ア主稜線をすべて見渡すことのできる展望台になっている。左を見れば以前歩いた懐かしい白河内岳から笹山の稜線も逆光のシルエットなって大きく見えていた。

080805塩見岳 蝙蝠岳山頂に立ち振り返る。なじみのない形をした塩見岳、そして北俣岳までのギザギザの岩稜、そこから続くなだらかな尾根と今日の道程がすべて見渡せた。
山頂でたっぷり休憩し、ガレた斜面を下り始める。エアリアでは「危」となっている目印のない尾根だが、ややこしい枝尾根もないので、視界がなくてもコンパスを切って十分歩けるだろう。

080805雷鳥 ちょっと下ったところで石の上にシャンと立つ雷鳥に遭遇。よく見ると足元で2羽の雛が草をついばんでいた。親鳥が雛の安全のために空を監視しているのだ。

080805樹林 2721mのピョコから樹林に突入。ここからひたすら下り。道ははっきりしており倒木もほぼ処理されていて歩きやすい。いかにも南アらしい針葉樹林と苔や羊歯が生い茂る美しい原生林だ。あ〜癒される。

080805白舞茸 道に脳みそみたいなものが落ちている。近づいてみると両手に余るくらいの大きな白舞茸だった。さすが人がほとんど通らないルートだけのことはある。うまそ〜。でもそのままにしておいた。
結局この尾根では1パーティと会っただけだった。

080805管理塔 ギー、ギー、と人工的な音が聞こえてくると、突然、場違いな巨大なコンクリートの建造物が現れる。人の気配はなく、ただ、何かがきしむ大きな音がしている。
ここから1時間で登山口に下りる。二軒小屋へ向かう林道は通行禁止になっていて、床がつるつる、手すりが針金のおっかない吊橋を渡り千枚岳の登山口を経由して二軒小屋に至る。

二軒小屋は予約がないと泊めてくれない。土砂降りの雷雨の中、とぼとぼと椹島に向かって林道を歩いていると、椹島の車が通りかかり乗せてもらった。椹島ロッジは山小屋ではなく、お風呂もある立派な宿泊施設だ。風呂で汗を流し、夕食の鮎の塩焼きに舌鼓を打ち、すっかり下界気分で布団にもぐりこんだ。





このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

タグ:登山
posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜縦走

2008年08月06日

たかっ!〜南ア・蝙蝠岳(5)

5日目 椹島〜畑薙ダム〜静岡駅

080806椹島 朝食もとらず朝一番のバスで畑薙ダムへでる。夕食つき1泊で7200円だったが、風呂があって食事もよくて、部屋もきれいで、バスにも乗れて(これがでかい)納得のお値段。ところが畑薙ダムから静岡駅までのバスは、がけ崩れのために現在運休中で、タクシーを使わなければならない。1台2万円、たかっ!!
畑薙ダムに向かう途中、バスの窓から大きな笊ヶ岳を見上げた。今度はあれに登るか。

十年前に登ろうと思った山にやっと登った。南アらしい稜線、南アらしい景色、南アらしい樹林。それを静寂の中、誰に邪魔されることもなく堪能することができたすばらしい山行だった。



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

タグ:登山
posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜縦走

2008年10月10日

南アの秘められたルート〜青薙山-笊ヶ岳(0)

かつて北岳から転付峠まで白根南嶺を縦走したときから、転付峠からさらに南に延びる稜線が気になっていた。今回、その稜線を青薙山から笊ヶ岳に北上する。

笊ヶ岳(2629m)は南アルプスの展望台として名高い山だが、南ア主稜線から離れていることもあり訪れる人も少なく、登山道はところどころ藪に覆われ消えかかっていてルートファインディングが必要とされる。なんとも登りがいのある山だ。

今日は畑薙ダムのゲートに車を停め仮眠する。今は天気が悪いが、明日から徐々に回復するとの予報だ。

今回のコース



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

タグ:登山
posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜縦走

2008年10月11日

静寂の森を行く〜青薙山-笊ヶ岳(1)

1日目 畑薙ダムゲート〜青薙山登山口〜池ノ平〜青薙山〜稲又山〜所ノ沢越〜所ノ沢越サイト場

081011青薙山登山口 起きたらかなりの雨が降っていた。雨の藪を漕ぐのはかなり憂鬱だ。ブルーな気分で思わず出遅れ、6時半に歩き始める。
1時間ほど歩くと林道の右側に森に続く階段が現れる。これが青薙山登山口だ。ここから池ノ平までは送電線の巡視路にもなっている、しっかりした登山道が付いている。

081011池ノ平 急な九十九折りの登山道を1時間半ほど登ると池ノ平だ。テント10張りは張れそうな広場があり、そしてそのわきにはコンコンと水が湧き出る泉がある。ここにテントを張ってのんびりしたいと思うが、まだ歩き始めて3時間もたっていない...水筒に水を満タンにして歩き始める。

081011赤崩 池ノ平から道と言ってもいいほどの踏み跡と、ベタ打ちの目印(特に静岡県警の黄色いテープが目立つ)をたどって赤崩のふちに出る。赤崩は下の林道からも見える巨大なガレだ。雨にかすむ視野を塞ぐほどの灰色の巨大な壁は不気味だ。写真でうまく表現できないのが残念。

081011樹林帯 赤崩から青薙山までは静かな疎林の中を進む。地形はかなり複雑だが踏み跡は明瞭だ。雨も上がり晴れ間も出てきた。秋の冷ややかな風も心地よい。気持ちのいい散策だ。

081011青薙山山頂 ちょうど昼頃、青薙山山頂に到着。すっかり天気も良くなり、木々の合間から南アルプス南部の山々が眺められる。そしてなぜか山頂を示す立派な表示が倒れている。

青薙山山頂からのルートはちょっと分かりにくい。私が参考にした2000年発行のアルペンガイドと少し違っている。三角点からそのまま踏み跡に従って北上すると、ちょっと下ってすぐに窪地の草原に出る。ここを東に横切ると樹林の入り口に赤布がある。それに従い尾根に上がり岩の上を歩いて行くとやがてイタドリ山への分岐に出る。

081011尾根 青薙山山頂からしばらくは潅木の藪が少々うるさい。しかし、それも紅葉していればまた楽しいものだ。

081011稲又山山頂 紅葉の木々の向こうに見える赤石岳や聖岳を眺めながら、細い尾根を北上すると稲又山山頂に出る。樹林の中の展望のないピークだ。ここにもなぜか倒れた表示が...この謎は後に明らかになる。

稲又山から先がちょっと難しい。山頂には所ノ沢越を示すプレートがある。この指す方向に進むとすぐに木の幹につけられたプレートがある。このプレートが示す先は細い木が茂り、倒木が交錯する藪で踏み跡が不明瞭だ。ここから2370mの小尾根の付け根にコンパスを切り、真っ直ぐに急な斜面を下る。下りきるとこの小尾根の分かれるところが窪地のようになっているので、窪地の向こう側にまわると明瞭な踏み跡がある。
さらに先も目印はあるが踏み跡が不明瞭な部分がある。藪の薄い西斜面に引き込まれやすいが、尾根の東側が急斜面になっているので、これを右手に見ながら、まず2300mの屈曲点、次に2100mの屈曲点とコンパスを切りながら進む。

081011小屋跡 所ノ沢越の手前のピョコには、崩壊した作業小屋があった。かつて、この尾根では伐採が行われていたということだ。しかし、今はもう、作業小屋の跡やところどころ残置されたワイヤーが当時をうかがわせるのみで、森は静かに原始の姿に戻りつつある。

小屋跡から先でまた踏み跡がなくなる。小屋跡のすぐ北にピョコの最高点がある。アルペンガイドには立ち枯れがあるとあったが分からなかった。ピョコの最高点から尾根線は藪が濃いので、コンパスを所ノ沢越に切りつつ、尾根の線からを2mほど西側を、右手に尾根を確認しながら藪を漕ぎ進む。すると10m弱ぐらい先で踏み跡に合流する。所ノ沢越への下りは落ち葉が積もって踏み跡が見えないが、コンパスを所ノ沢越へ切って真っ直ぐ進めば問題ない。

081011所ノ沢越 所ノ沢越から10分ほど下り、サイト場に到着。特に迷うこともなく予定通り9時間かけてやってきた。ここは樹林に囲まれ、小さな沢もあり、テントが3,4張り張れる快適な場所だ。既に先客がいて水場でビールを冷やしていた。
我々もテントを張り一杯やりながら夕食を作る。長い行程で、紅葉あり、南ア南部の展望あり、少々藪ありで充実した一日だった。出会った人は4人。静かな山歩きが良かった。



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

タグ:登山
posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜縦走

2008年10月12日

南アの大展望〜青薙山-笊ヶ岳(2)

2日目 所ノ沢越〜布引山〜笊ヶ岳〜生木割山

081012所ノ沢越 今日は行動時間が短いので日の出とともに所ノ沢越のサイト場を出発し、所ノ沢越に上がる。所ノ沢越からトンテンカンと金槌でたたくような音がしている。と、そこにはサイト場でとなりにテントを張っていた作業員の方が、所ノ沢越の道標を地面に立てていた。これで青薙山と稲又山の倒れていた指標のなぞが解けた。

081012布引山 所ノ沢越から布引山まで朝一番にはきつい300mを越える登り。始めは倒木を縫うように蛇行してついていた分かりにくい踏み跡も、布引山への急登が始まるところでは樹林の中のしっかりした道になった。道は時々布引山の険しいガレのふちを通るが、藪が薄いので危なければ西側を簡単に巻ける。

081012花 南アらしい苔むした針葉樹の森の木々の間を縫い、そしてナナカマドなどの広葉樹の紅葉を眺め、そして名も知らぬ秋の花を愛でる。道もあまり踏まれていないので、むき出しの地面は見えず落ち葉でフカフカだ。人の訪れぬルートは本当の自然に包まれとても優しい感じ。

081012布引山山頂 布引山山頂の直下で老平からの登山道に出る。ここからは整備された登山道が始まる。山頂は木に囲まれているが、ちょっと西の藪に入ると悪沢から南ア深南部の展望が広がる。

081012笊主稜線 尾根通しの登山道を笊ヶ岳へ向かう。道が良くなり、顔に跳ねる藪もなくサクサクと歩けるので、山が急に近くなった錯覚に陥る。

081012小笊富士 笊ヶ岳の登りにかかる。高度が上がるにつれて紅葉が鮮やかになっていく。小笊の横に富士山が見えてきた。雲も出てきたが、ちょうど雲海になっていていい感じだ。
エアリアにもかいてあるが、ここにはルンゼ状の急斜面にロープが付いている。でも新しい刈り払いがありロープを使う必要はなかった。

081012笊ヶ岳山頂

笊ヶ岳の山頂に立つ。そこには南アの大展望が広がっていた。北岳から塩見、悪沢、赤石、聖、光、そして新南部、昨日歩いた青薙山とおよそ仙丈と甲斐駒を除くすべての南アの山々をぐるりと眺めることができる。南アのこんな絶景が見られるとは。笊ヶ岳を100名山に入れなかった深田氏はどうかしている。

081012笊ヶ岳雲 秋の空は深く青い。雲も秋の雲だ。

081012生割木山 上倉沢のガレのふちまで来れば今日のサイト場の生木割山はもうすぐだ。生木割山の頂上には木に囲まれた広場があってテントが張れる。しかし、アルペンガイドに書いてあった、稜線直下の上倉沢源頭の水場が発見できなかったので、今晩のサイトは水を節約しなければならない。水割りも一杯だけにしよう...



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

タグ:登山
posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜縦走
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。