2007年07月07日

トレーニングです・・・三ツ峠山(1)

1日目 三つ峠登山口〜三ツ峠山荘〜天狗岩〜三つ峠登山口

正直なところ私は大きな岩が苦手だ。だから沢登りで大きな滝が出てくると、全力で巻いてしまう。岩尾根もせいぜい鋸岳くらいしか行かない。それではいかん!と言うことで奮起して三ツ峠山にクライミングのトレーニングに行った。

三つ峠登山口の駐車場をベースにして土曜日に基礎練習、日曜日に屏風岩を登る計画だ。

070707三つ峠 朝、駐車場から登り始めるとすぐに雨が降り出した。登山道のわきにはアヤメが咲いていて雨に濡れて風情があるが、これではとても岩登りはできない。三ツ峠山荘で雨が止むまで行動食を食べながらうだうだしていた。
昼過ぎに雨が小降りになったが、岩が濡れているのでとりあえず天狗岩で懸垂下降の練習をはじめた。かなりガスっていてガスの中に吸い込まれるような感じで面白い。登っては下り、登っては下りを繰り返し、夕暮れに駐車場に戻った。


みさかの湯で汗を流し軽く食事をした後、三つ峠登山口に戻り駐車場のわきにテントを張って宴会をした。
雲の合間から星が見えている。明日の好天を祈って眠りにつく。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2007年07月08日

おっきい岩だな・・・三ツ峠山(2)

2日目 三つ峠登山口〜屏風岩〜三ツ峠山山頂〜三つ峠登山口

朝起きたときには霧雨が降っていたが、登るにつれて雨もやみ明るくなってきた。
登山道のわきには高山植物保護のための立ち入り禁止のロープが張ってある。たしかに花が多い。天気が良くなってきて浮かれているのか、みんなで花を指差して、「これは白山知らない草だ」とか「とても行けなさ草だ」とか適当なことを言って妙なテンションではしゃいでいる。

070708一般ルート 雨がやんで岩も乾いて来たので予定通り屏風岩に取り付く。ややガスっているが時々日差しもさしてきた。ブヨも元気に飛びまわっている...
屏風岩は取り付きから山頂まで約160mで4P。おっきい岩だな。

1P・・・「一般ルート」

天気がはっきりしないせいか人が少ない。順番待ちもなく、一般ルートの比較的易しいところを登ってゆく。ホールドも豊富でルンルン登って行ける。
登りきったところからバンドをつたって「サンドイッチ」に向かう。登りよりこのバンドのトラバリのほうが高度感があって緊張する。ガスが晴れて足元のした〜に広がる森が見えてきた。

070708サンドウィチ 2P・・・「サンドイッチ」
3P・・・そのまま直登

サンドイッチ?なんじゃこりゃ。体を横にしてかろうじて通れるくらいの岩の割れ目、つまり自分がサンドイッチの具になるのがサンドイッチ・クラックだ。
ザックをおろして、ザックをシュリンゲでハーネスにつないで引っ張り上げながら這いずり上がろうとしたが、ザックが引っかかって進めない。仕方がないので左手でザックを持って、右手でホールドを探りながら突破した。技術ではなく力技だ。
クラックをぬけ、そのままピッチを延ばして「No.20クラック」に向かう。

070708No10クラック 4P・・・「No.20クラック」

クラックの確保点の手前は石と木々の緑の組み合わせが日本庭園のようで美しい。一休みしたいところだが時間がないので先を急ぐ。

核心のNo.20クラック自体は確保点から見えない。ただ、上のほうで「どうやって登るんだ〜」とか「これが3か!」という声が聞えてくる。ランニングビレイを取る支点も少なく、トップはちょっと緊張しているようだ。

いざ私の番になり不安な気持ちで取り付く。始めは大きな岩のっかり、やさしいクラックを登る。順調順調。

終了点がもうすぐというところにクラックがあった。びみょーに広くて手を突っ込んでも足を突っ込んでもうまくきまらない。玉砂利の入ったコンクリートのような岩でホールドも細かい。確かに3にしては難しいと思う。クラックの奥に階段でも隠されているのか?
しかし私は上からしっかり確保されている(おしゃべりをしているようだが...)ので、思い切ってクラックに肩まで突っ込んで、細かいスタンスにつま先でのって、最後はチョックストーンをわしづかみにして突破することができた。
登りきった所にある天狗の踊り場で行動食を食べたあと、山頂経由で登山口に下りた。

途中で雨が降り出したらどうしようかと思ったが、天気はなんとかもってくれた。おかげで充実した一日を過ごすことができた。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2007年07月16日

梅雨はジム

070716ジム 台風も行ってしまって雨もやんだのでジムに行った。 淵野辺のストーン・マジックは広くてなかなか良い。クーラーがなくて暑いのがかなわんが...
今日はほとんどリードの練習をして過ごしたので、利用料のもとがとれていないかも。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2007年09月16日

え〜、初心者でも?

連休中日、青空が広がり絶好の登山日和だ。
が、私は連休じゃないのでしかたなくクライミングジムに行った。

暑い。このジムはクーラーがないので異常に暑い。
外は30度あるらしいので、この中は35度くらいありそうだ。

壁になにか紙が張ってあったので見てみると、グレードの表だった。

5.9までは初心者向けと書いてある。

ところが、こうも書いてある。
5.10a
5.10b
5.10c
「初心者でも頑張れば登れます」

えっ!?

5.10cの途中で
「わき腹がつる〜」とか「指がかからん〜!」
とかわめいている私は初心者以下か?

そうか、頑張りが足りないのかも...


このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2008年12月13日

ジムトレ風景

081213ボルダリング 最近、週末はいつも外出していたので、今週末は家でたまった雑事を片付けようと思っていた。が、1日くらいは遊んでいいだろうという事で、初心者向けのジムトレに押しかけた。
今日初めてフリークライミングをするメンバーがいるので、とりあえず午前中は徹底的にボルダリングでホールドの感覚に慣れる。ジムトレと言っても、実のところ脇で見ている外野が、右だ左だとわいわい突っ込みを入れるだけ。

081213グレード 以前も書いたが、このジムでいつも気になるのが、このグレード表。5.10aから5.10dが「初心者でも頑張れば登れます。」と書いてある。私は5.10dなんて登れない、それどころかルートによっては5.9で苦労する。私は初心者以下か...それとも頑張りが足りないのか...



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。